HOME > 配合成分 > トルマリンについて

トルマリンについて

皆様もトルマリンについては、多少なり噂を聞かれた事があると思いますが、
一体「何に効果があるの?」「何が凄いの?」「マイナスイオンって何?」と疑問を持ったことはありませんか?

頭の痛くなるような説明ではなく、簡単に説明してみますと…

環境改善素材と言われる「トルマリン」

トルマリンは 『環境改善素材』と呼ばれていますが、成分は鉄・マグネシウム・ホウ酸・ケイ素などで、(鉄 は血液の活性化、マグネシウムは細胞の活性化、ホウ酸 は除菌効果、ケイ素は洗浄効果があります。)これらの 物質が結びつき『トルマリン』と呼ばれています。

トルマリンは水分に触れると電気分解作用により、ヒドロキシルイオンを発生します、このヒドロキシルイオンを一般的に『マイナスイオン』と呼んでいます。

それと同時に 『還元水』と呼ばれる水を作ると考えられています。

この還元水と言うのは、他のものを還元する力を持ち、酸化を防止する力、酸化に対する力(抗酸化力)が得られると言われています。

▲咲ら化粧水の容器の底には トルマリンが沈んでいます。

使い方はこちら


ページの上部へ


トルマリンの作り出す還元水「マイナスイオン」

人間を始めとして、地球上に生きる多くの生物は、酸化されることで健康を害し、老化を 促進する要因になっています。特に活性酸素と呼ばれる酸化力の非常に強い酸素は、身体の細胞や組織が酸化して変質し、機能が衰えるのでは、と言われています。

ですが、トルマリンの作り出す還元水・マイナスイオンは、こうした活性酸素の酸化作用 を中和する作用があり、この中和作用とマイナスイオンにより、『自然治癒力の増強』 『血液の浄化作用』『免疫力の増強』『静菌、除菌』『消臭、脱臭』『交感神経の働きの抑制、副交感神経の働きの増加』などの効果が期待できます。

そして、トルマリンによる水の活性化作用で、水のクラスターが分解され、正常な分子状 態に戻ります。正常な分子状態に戻った水は 『細胞内への浸透力が良く』自然に浸透し ていくと言われています。

簡単な説明でしたが、こうした効果を得られる事が、 頭が痛くならない程度に理解頂けましたでしょうか?

咲らの化粧水は肌が本来持っている能力をひきだす
『自然派化粧水』 各抽出液が角質層まで届き、肌が持つ保水能力を助け、肌が生まれ変わるリズムを整えます。
配合成分はこちら


◆ 現在、トルマリンのみの販売は行っておりません。何卒ご了承ください ◆

初めての方で、ボトル容器(トルマリン入り)の商品をご希望の方は、2週間“実感”セット又はレギュラーサイズの咲ら化粧水をお求めください。

ページの上部へ


トルマリンの活用法

植物をイキイキと

天然石なので、お庭にまいたり植木鉢の底に詰める石として使ったり、また、水差しに入れても利用できます。

お風呂・美容に

ネット等に入れてお風呂に入れると、やわらかいお湯でのご入浴が楽しめます。お風呂からあがる時、お風呂場内にトルマリン湯をかけておくと、イオン効果で汚れが付きにくくなります。

お部屋に

袋やカゴに入れて、車やお部屋の空気・環境の浄化に。
冷蔵庫や靴箱などに置けば消臭に、電化製品の近くに置けば電磁はよけになるともいわれています。

パワーストーンとして

最近人気のパワーストーン。
トルマリンは『美容の石』ともいわれ「魅力を引き出す力」や「電磁波を取り除く力」があるそうです。

色によって意味があり、ブラックトルマリン(黒いトルマリン)は、『ネガティブな環境やうわさから守ってくれる』との事なので、かわいい袋などに入れて、お守りとして持ち歩いてみては♪

『幸せ応援化粧品』 自然派化粧品の咲らです。初めての方はコチラをご覧下さい。

ページの上部へ